エアブラシアートは・・

エアブラシ特有の細かい霧での作品作りは
とても初心者には思えない出来栄えになります
作品を作る前に必ずデザインを頭に描き
(土台に鉛筆で下地を書くとより分かりやすくなる)始めて下さい
そして、型紙を作成したり絵具を選んだり、絵具の種類によって
エアブラシの口径サイズを決めていきます、牛乳位の薄い(シャブシャブ)絵具
でしたらノズル口径0.2mmでも対応できます

イラストアートは幅広い使用用途(壁・看板・シャッター・絵画・携帯・・)があり
用途によって吹き付け方に工夫が必要だったりしますので
是非エアブラシコミュニティサイトで師匠を探して頂き質問など解決されて下さい

ギャラリー1 ギャラリー2 ギャラリー3 ギャラリー4 ギャラリー5 ギャラリー6

最新情報

現在、最新情報はありません。

必要機材

コンプレッサー
  • 最高圧力0.3mpa〜のコンプレッサーが望ましい
レギュレーター(減圧機)
  • コンプレッサー内で水が発生します
    ので、水取りを兼ね
    備えたレギュレーター
    がお勧めです。
エアブラシ
  • 絵具の粘度・粒子の大きさにもよるが0.4mm口径位が望ましい
絵具(写真は一例です)
  • 幅広くご使用いただけます。ですが、吹き付ける土台
    (プラスチック・ガラスなど)によっては弾く可能性がございますので、
    下地処理を行って下さいませ。
  • 上記商品は水性アクリルで、Tシャツ・携帯・ネイルアートなど
  • 水性アクリル・油性などいろんな種類の絵具がございますので
    販売店様などでご相談されてご購入下さいませ
    お肌の弱い方のご使用はお止め下さい。
メンバー登録がお済みでない方は
こちらから
ログイン
既にメンバーの方はこちら
BRUSHUPとは?
BRUSHUP第1回特別企画 皆様の作品展示はこちら
エアテックスショッピングサイト
Festa
株式会社エアテックス Facebookページ
Twitter 株式会社エアテックス公式アカウント
エアブラシ広辞苑

[コンプレッサー]

空気圧縮機

もっと見る→